出会ったら、まずは「携帯メアド」の交換を

現代恋愛は「携帯に始まり、携帯に終わり」ます。現代日本の恋愛は、この「携帯メアド」の獲得から始まる、これは常識になりつつあります。

内田けんじ監督の2004年の作品に『運命じゃない人』という映画があります。

その中で神田君が宮田君にいうセリフがあります。

「携帯番号、なめんなよ……。あの11桁の数字を知っているか知らないかが、赤の他人とそうじゃない人を分けてんだよ」

まさしくそのとおり。携帯番号やメアドを知っているかどうかが、恋愛が始まるかどうかを分けているのです。

ですから、少しでも気になる男に知り合ったら、即連絡先交換です。

しかし、交換の仕方を知らない男が非常に多いのも事実です。たとえば、私は地方公共団体が主催する婚活パーティに恋愛学の講演にしばしば呼ばれて行きますが、そのようなパーティに参加している男の半数以上は、携帯メアドの交換の仕方を知リません。

パーティで私が「そろそろメアドを交換したらどうですか?」と誘導しても、やリ方がわからず女性の前でドギマギしていたり、挙げ句の果ては交換を諦めたりしてしまう場合もあります。

交換しないのはあなたのことを好きではないのではなく、やり方を知らないだけ。男の分まで事前に練習して、「送る」「受け取る」の両方を速やかにできるようにしておきましょう。メアドの交換だけは、女性が積極的にリードしてあげても良いです。

確かに、携帯メアドのやりとりは煩雑かつ不正確。凝ったメアドの交換ほど難しいものはありません。手書きでもらっても1字間違えただけで、永遠に不通になってしまいます。そこで有効なのが「バンプ」や「QRコード」といった方法なのですが、ここは石田純一さんの「恋愛さしすせそ」の「せ」を使いましょう。

「せっかくだから、メアド交換していいですか?」

この丁言が出るか出ないかで恋愛人生が大幅に変わってきます。さらに、

「これっきりになっても、残念ですし」

とたたみかけると効果的です。

このセリフなら、男でも抵抗なく受け入れてくれます。男女ともに携帯情報を教えることは精神的敷居の低い行為です。

嫌なら最初のメールに返信しなければよいだけなので、メール交換自体は問題ありません。

 

40代は幸せと不幸の差が大きい

40代は「恋愛を楽しんでいる人」と「寂しい日々を過ごす人」との落差が最も大きい世代と言えます。20代に多い「一応つき合っている恋人がいる」、30代に多い「すぐにでも結婚したい恋人がいる」という女性は少なく、幸せか、不幸せかの2極化になりがちです。

しかも圧倒的に多いのは、「私には恋愛のチャンスすらない」と不幸せを実感している女性。もしあなたがそうであれば、幸せな女性とのちがいはどこなのでしょうか?

私が実際にお会いした、幸せなこの世代の女性たちには、高い確率で次の9つの共通点がありました。さて、あなたに該当するものはいくつあるでしょうか?

①笑顔で自分から声をかけられる、人の話を聞くのが苦にならない
まずは相手の話を聞き、自分の話を後回しにできる女性は、男性に居心地のいい空間をつくることができる。自分から声をかけ、笑顔であいづちが打てるのも同様。

②相手の魅力や長所を見つけられる
どんな人も若いころと比べれば、男性を見る目がついているもの。魅力や長所に気づけるか、失敗や短所が目についてしまうかは紙一重。特にホメ上手は有利に。

③柔軟性のある目線で、男性を選んでいる
相手の外見や条件に対するウエートが低く、人間性や行動を重視するため、安定した関係を築きやすい。「ここだけは譲れない」というものがない。

④恋愛のセオリーにとらわれることがない
「誘いや告白は男性から」「年甲斐もなくはしゃがない」などと決めつけず、相手や状況に応じた考え方ができる。振る舞いが自然体で、男性の負担が少ない。

⑤オシャレが好きで、年齢を気にしない
加齢で自分を卑下せず、オシャレを楽しむ。すると年齢がわかったときも、よいギャップで好印象に。多くの男性は実年齢より「見た目年齢」を重視している。

⑥2人の性格や状況に合う交際スタイルを選べる
会う頻度、結婚観、デートの支払い、記念日など、自分の理想を押しつけることなく、2人にとって無理のない形を探せる。男性もそのほうがつき合いやすい。

⑦恋人がいる喜びや感謝を相手に伝えている
相手への愛情を素直に伝えられる大人の女性は、それだけで好感度大。若い世代のように、過度な嫉妬や、相手を試すようなかけひきはしない。

⑧料理などの男性が喜ぶスキルを正しく理解している
定番メニューをそつなくつくる、手際がいいなど、男性目線での家事能力が高い。凝った料理やハンドメイドが得意な人も多いが、逆効果になることも。

⑨結婚を急がせない雰囲気がある
男性が40代女性と出会い、交際を考えたとき、「結婚を急がれないか」心配しているもの。ゆったりとした雰囲気を出せる女性は、より深く愛されやすい。

気づいたでしょうか? ひとつひとつの項目に、特別な人間性やスキルはありません。大人の女性なら、それまでの経験でそれなりに持ち合わせているものであって、幸せな同年代の女性たちは、これらを意識的に使い、タブーを避けているというだけです。

もし現在のあなたに該当しない項目があっても問題なし。これらを意識して接するだけでも、男性たちの印象はよくなるものです。

あなたは、ムダに年齢を積み重ねてきたわけではありません。幸せな恋愛・結婚をしている同世代女性とのちがいは、このようにごくわずかでしかないので、あきらめないでください。